事業概要

“オール熊本”で取り組む熊本産業創生と雇用創出のための教育プログラム(熊本COC+事業)

熊本県の若者の人口流出を抑制し増加させるためには、雇用の受け皿としての産業振興と地元志向を促す教育が必要です。この事業では、県を代表する産業である製造業と農林水産業の振興、並びにその施策に絡めた雇用創出や、地方創生に向き合い取り組める能力を持つ人材育成教育をおこなうことを目的としています。

主に県央と県北地域の製造業を中心として産業創生事業に関しては熊本大学がリードし、主に県南地域を中心とした農林水産業成長事業に関しては熊本県立大学がリードします。これらの事業は互いに強く連携し、さらに他大学、県、企業、関係事業団対等が参加する“オール熊本”の組織により、一致団結しながら教育(人材育成)・産業創生支援・雇用創出支援について推進していきます。

熊本COC+事業の目的

  1. 地方創生のための人材育成教育
  2. 県内の産業育成と創生
  3. 地元定着の促進

地方創生教育は、熊本を知るための地域志向科目、熊本を創生する地方創生科目、インターンシップなどの実践科目、地方創生プロジェクトからなり、必要単位数の取得に加え、熊本創生規格を発表する地方創生プレゼンテーションの審査に合格すれば「くまもとプレマイスター」の称号を授与します。
「くまもとプレマイスター」を取得した学生は基礎力もあり、実践的な経験も豊富で地方創生に関して活躍できる人材です。

地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)とは

文部科学省では、平成27年度から、大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的として「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」を実施しています。(文部科学省のサイトより)

熊本COC+事業は、平成27年度の採択を受け実施しています。